HOME>特集>体にも変化をもたらす【アセンションが起こる時に現れる症状とは?】

体にも変化をもたらす【アセンションが起こる時に現れる症状とは?】

手

アセンションの前兆

アセンションとは次元上昇とも呼ばれ、私たちが自分の中にある見えない力や周波数を高め、今いる次元から自由で何にも縛られない5次元の空間へと移動していく現象です。アセンションに向け私たちの体には様々な前兆症状があらわれてきます。主には今までの自分からの変化や体の痛みや変調です。変化の例では趣味が変わったり、今までより野菜や水を欲するようになったり、ということがありますが、趣味が変わるのは新しい次元へ向けた考え方の変化、野菜や水を欲するのはこれらがアセンションを行うのに必要なエネルギー源であるためだと考えられます。アセンションの間は軽い体、添加物のない純粋な水分が必要と言われているため、体が無意識に必要なものを取り入れようとしていると言えますね。また、体の痛み、変調に関しては頭痛や湿疹、めまい、睡魔等が主に起こってきます。これらは一見マイナスな辛い症状のように感じられますが、いずれも新しい次元へ心身を適応させるためのものであったり、次元上昇へ向け消費するエネルギーをカバーするためのものだったりと考えられます。これらの症状を乗り越えた先には新しい次元が広がっているのです。

宇宙

体に変化が起こる理由

アセンションの際に体に変化が起こるのは、今いる次元と新しい次元との間に一定の壁が存在しており、かつ人間が今までの自分を維持したり自然と戻ろうとしたりする恒常性を持ち合わせているからであると考えられます。人間の体は何かトラブルがあった時に心身ともに回復しようとする力を持っています。この力がアセンションという変化が生じたとき、もとの次元に留まろうとしたり新しい自分へ変わることを無意識に防いだりする抵抗力を発揮するのです。そしてこの恒常性や抵抗力が変化や体の痛みをもたらすと言えます。アセンションは肉体、精神ともに新しい自分へと生まれ変わるものであり、決して拒む必要はありません。体に変化や痛み、めまい等の身体症状が起きたらアセンションの前兆であることを自覚し受け入れることも必要ですね。こうして私たち人類は新次元へ移行し進化を遂げていくのです。