HOME>特集>エンパスとHSPは異なる?それぞれの特徴と共通点

エンパスとHSPは異なる?それぞれの特徴と共通点

光

エンパスとHSP共通の特徴

現代では科学の進歩や情報技術の発展により、私たち人間の暮らしは以前にも増して快適で便利なものとなりました。しかし同時に、環境の悪化やストレスの増加など、現代社会はこれまで私たちが経験してこなかったさまざまな問題を孕んでいます。そのような中で人間の精神や心あるいは魂など、スピリチュアルな分野に対する人々の関心が高まっています。人間の精神や心の問題を考える際、エンパスとHSPという特徴的な2つのタイプの人が存在することが、近年よく言われるようになりました。エンパスとHSPはどちらも非常に感受性が強く、音や光など身体に対する外部からの刺激や対人関係における感情の動きに敏感に反応しやすいという特徴を持っています。しかし、両者は同じものではありません。それでは、エンパスとHSPにはどのような違いがあるのでしょうか。

女性

エンパスとHSPの違い

エンパスとHSPはどちらも「非常に高度な感受性を持つ人たち」です。HSPという言葉は、英語の文字通りの意味「Highly Sensitive Person」を省略したものです。両者は共に周囲の環境に敏感に反応しやすく、とても繊細な心の動きを起こす特徴がありますがまったく同じものではありません。エンパスとは、自分以外の他者の感情を非常に敏感に感じ取ることができる人を指しています。つまり、高度な感受性を持つ人たちの中でも、特に対人関係においてその傾向が強く表われるのがエンパスです。わかりやすく言えば、エンパスはHSPに分類される人の中で、特にスピリチュアル的な要素が強い人たちを指す言葉であると言うことができるでしょう。